So-net無料ブログ作成
検索選択


障害の証明 ~障害者手帳~ [情報(全般)]

以前の記事で、少しだけ障害者手帳」というものについて触れましたが、
今回は、その障害者手帳についてもっと詳しく説明していこうと思います。


1. 障害者手帳の意義と種類

障害者手帳は「自身の障害を証明」する為の手帳です。
自治体が発行をしており、これを持っていると(提示すると)
障害者を支援する様々なサービスを利用する事ができます。

この障害者手帳には3種類あり、障害の種類によって異なります。

身体障害      ⇒「身体障害者手帳」
精神障害/発達障害 ⇒「精神障害者保健福祉手帳」
知的障害      ⇒「療育手帳」

例えば私の場合、発達障害者なので「精神障害者保健福祉手帳」となります。

なお、「身体障害者手帳」のみや「精神障害者保健福祉手帳」のみ、あるいは
その2つのみを指して「障害者手帳」と呼ぶ場合もあるのでご注意ください。
(精神障害者保健福祉手帳の表紙には「障害者手帳」としか書かれていません)


2. 障害者手帳の等級

障害者手帳には「等級」というものが存在し、
手帳の中にその所有者における等級が記載されています。

この等級が高いほど障害が重いという事であり、
受けられるサービスの程度(金額など)も高くなります。

身体障害者手帳     ⇒ (最高)1級 ~ 6級(最低)
精神障害者保健福祉手帳 ⇒ (最高)1級 ~ 3級(最低)
療育手帳        ⇒ 自治体により異なる

なお、療育手帳のみ等級が「自治体により異なる」のは、
他の2つと違って法令で定められているものではなく、
厚生省(現厚生労働省)の通知に基づいて各自治体が独自に実施しているからです。

(最高)A1 ~ B2(最低)
(最高)マルA ~ C(最低)
(最高)1度 ~ 4度(最低)

など、様々な等級が存在しています。多くの場合は4段階です。
(マルAは、Aを○で囲ったもの)


3. 障害者手帳の手に入れ方

障害者手帳は「障害を証明」するものなので、
手に入れる為には「障害を証明」する必要があります。
その証明には、医師「診断書」を使います。

医師に診断書を書いてもらい、住んでいる自治体の役所に提出したら、
手帳を交付するかどうかや等級の判定といった審査が行われます。
この審査は多くの場合数ヶ月かかります。長いです。

審査を通過したら、手帳を受け取る事ができます。同じ役所でです。
この時、手帳の説明や受けられるサービスの説明を
してもらえる場合もあります。

↓ 私が実際に手に入れた手帳

障害者手帳(表)

障害者手帳(裏)


では、今回はこれで終わりとさせていただきます。
nice!(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。