So-net無料ブログ作成
検索選択


こだわり人間の苦悩 [私の障害]

今回は、私自身の障害(アスペルガー症候群)の話です。

以前の記事で自閉症スペクトラム障害の症状として書いた
「こだわり」について書いていこうと思います。

なお、「こだわり」と聞くと「シェフこだわりの一品」みたいな
良さげなイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、
実際はそんな良さげなものではないので、
「固執」とでも言った方が語弊がないかもしれません…


1. こだわり=苦しみ

私は色々なこだわりを持っていますが、
その中でも最たるものが「自分の書く字」に対するこだわりです。

小学生時代、自宅で数字を書く宿題をしていた時、
突然自分の中の「こだわり」が目覚めました。

それまでは全く気にしていなかった自分の字に対して、
対極的ともいえる異常なまでのこだわりを見せ、
「1~10をそれぞれ10回ずつ書く」程度の内容にも関わらず、
40分くらいかかった覚えがあります。

この時私が楽しかったかというと、決してそんな事はなく、
むしろ「苦しかった」です。早く解放されたかったです。

自分で自分を縛り付けているのに、妥協すればいいのに、
そのこだわりに逆らう事はできませんでした。

そしてその後も、主に勉強の面において、
このこだわりに逆らえずに苦しみ続ける事となりました。
小学生の時の「10×10マスに習った漢字とそれを使った言葉を書く」
という宿題が、嫌で嫌でたまりませんでした。

私にとって、「こだわり」とは「苦しみ」なのです。
これは私のアイデンティティの一部でもありますが、
「無くなればどんなに楽だろうか」とも思います。


2. ずれた完璧主義

私の字に対するこだわりは、自分の中の基準に沿った
「整った字」が書けるまで何度も書き直す、という形で表れます。

基準に沿って書けた字は非常に「きっちりとした」感じの字で、
これまでその字をよく褒められてきましたが、
個人的にはゴシック体より明朝体の方が好きですし、
自分の字をそこまで「美しい」とは思いません。

ここに、我々が持つ「こだわり」の肝があると思います。

我々のこだわりは「周りから見て良いものにしたい」というものではなく、
あくまでも「自分から見て良いものにしたい」、あるいは
「自分でも良いとは思わないが、何故かそうでない事が許せない」
というものなのです。

以前の記事(リンクは冒頭に)で、「何故そんな事にこだわるのか」
「そんな事は適当でいいんじゃないのか」という事をこだわる、
と書きましたが、それは上記のような思いから来ているわけです。

その為、いわゆる「完璧主義」と似たものだとは思いますが、
一般的なそれとは微妙に違った「ずれた完璧主義」なのだといえます。

なお、一般的な完璧主義は全体的に完璧を求めるものかと思いますが、
我々はこだわりまくる物事がある一方で、興味がなくて
全く気に留めない物事もあり、その点でも「ずれている」といえます。


では、今回はこれで終わりとさせていただきます。
nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。