So-net無料ブログ作成


身体障害者へのジェラシー [私見]

私は障害者(発達障害者)です。
しかし、健常者に対しては特にジェラシーは抱いていません。

障害者が健常者より劣った存在だとは思っていないし、
弱者の気持ちが分からない人間にはなりたくないからです。

ただ、「身体障害者」に対してはジェラシーを抱いています。
今回は、その事について書いていこうと思います。


1. 身体障害者へのジェラシーポイント

まず、身体障害とそれ以外の障害では知名度が大違いです。

街中でも、点字や点字ブロックがあったり、
身体障害者用の駐車場やトイレがあったりと、
だいぶ一般社会に浸透している感じがあります。

(なお身体障害者用のトイレは、現在は「多目的トイレ」などと
 呼ばれるようになって、対象者が拡大しているようです)

そして、理解の得やすさも大違いです。

車椅子などの道具を使っていれば見かけで理解してもらえますし、
そういうものがなく見かけで分からない(内部障害など)場合でも、
身体的なものならば、説明すれば大体理解は得られるでしょう。

一方それ以外の障害は、知名度の低さも災いして、
理解を得る事が難しい傾向にあります。
「甘えだ」とか「努力が足りない」とか思われるケースもあります。

さらに、社会の仕組みにも身体障害者を優遇するものがあります。

例えば、障害者の就職支援として、
「会社は雇う人の2%以上を障害者にしなければならない」
という決まりがある(この割合を法定雇用率という)のですが、
この決まりが出来た当初は、対象が身体障害者のみだったのです。

具体的には、1960年に身体障害者のみを対象として始まり、
1987年に知的障害者が対象に加わって、
2006年にようやくそれ以外の障害者も対象になりました。

これは過去の話ですが、この扱いの差はひどいと思います。


2. 身体とそれ以外の「差」

「職業に貴賤はない」と言いますが、私は
「障害の種類にも貴賤はない」という事を言いたいです。

医師国家試験の過去問でも、
障害者への対応に関する正しい文を選ぶ問題で、
「間違い」の選択肢として「身体障害者は精神障害者より
優先して対応すべき」というものがありました。

なのにこの差は一体何なんでしょうか。
近年は身体障害以外の障害も多少知られてきて、
その差は縮まりつつはありますが、はっきり言ってまだまだです。

この差は完全に無くさなければならない、私はそう思います。


では、今回はこれで終わりとさせていただきます。
nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。