So-net無料ブログ作成
検索選択


障害者の割合 [情報(全般)]

今回は、我が国日本における障害者の割合」についてです。

私は「障害者の割合は増えてきている」という話を
目にしたような覚えがあるのですが、実際のところはどうなのか…

という訳で、調べて見つけた以下のデータを基に、
「障害者の割合」についてまとめてみました。


出典(引用ではなく参考)
・昭和55年国勢調査 ~ 平成22年国勢調査 人口推計 総務省統計局)
・平成25年版 障害者白書 第1編 第1章 障害者の状況(内閣府)ページ


なお「障害者白書」は、内閣府が1996年から毎年作成している
障害者に関する報告書で、こちらから見られます。


1. 障害者の割合とその推移

まず、日本における障害者の人数は、
2005~2011年の調査では「約741.1万人」です。

そして、その頃の日本の総人口は、
2005年と2010年の調査の平均で「約1億2791万人」です。

よって、日本における障害者の割合は「約5.8%」となります。

約17人に1人、意外と多いですね…


また、1980~2010年の総人口と
各種障害者(身体 / 知的 / 精神・発達)の人数の推移は
このようになっています。

日本の総人口と各種障害者数の推移

障害者の人数は増えていっていますが、
同時に総人口も増えていっているので、これでは
「障害者の割合」が増えているかどうかは分かりにくいです。

そこで、上のデータから割合を求めて
折れ線グラフにしたものが次の図です。

日本の総人口に占める障害者の割合

右肩上がりになっています。

つまり、「障害者の割合は増えてきている」という話は
事実だった、という事です。


2. 各種障害者の割合と実状

そしてこのデータからもう1つ分かるのが、障害者の割合が
「身体 > 精神・発達 >>> 知的」であるという事です。

知的障害者だけこんなに少ないとは意外ですね…


しかしそうであるにも関わらず、国の対応の順番は
「身体 → 知的 → 精神・発達」でした。

「このデータがそれぞれ何年からあるか」という事から分かる通り、
それぞれの調査を始めた時期もこの順番ですし、
法定雇用率の対象になった(詳細はこちらの記事にて)のも
この順番でした。

おかしくないですか?

人数が少なければ冷遇してよいという訳ではありませんが、
順番に対応するのであれば「人数が多いもの」
優先すべきなのではないかと私は思います。


では、今回はこれで終わりとさせていただきます。
nice!(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。